2017年3月

170317

TVシリーズから12年、3部作で映画化「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」

弊社、佐藤大がシリーズ構成として2005年に参加したテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」が、
劇場版3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」として映画化される事が決定しました!
すべての始まりとなる「ファースト・サマー・オブ・ラブ」が初めて映像化されるほか、
「作品も大きくエボリューション(進化、発展)。すべてのセリフを再構築し、新作映像と再撮影された新たな映像で構成。
ストーリーも誰も知らない新たな結末に向かって進んでいく」という。第1弾は2017年に公開予定。
シリーズを再起動させるため、総監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが12年ぶりに集結。
「リメイクでもリミックスでもない、12年のキャリアを積んだ3人が、新たな構想に基づいて取り組むまだ誰も観たことがない
新しい"エウレカ"が今年始まる」という。
テレビシリーズではサブタイトルに度々「アクペリエンス」という単語が登場したが、これは、ドイツのテクノユニット・Hardfloorの曲名として有名な造語。
「ハイエボリューション」では、Hardfloorより新曲「Acperience 7(アクペリエンス・7)」が提供され、
「音楽面もエボリューションする」という。

「佐藤 コメント」
僕らにとって『エウレカセブン』は懐かしめる作品ではありません。だからこそ、
かつての『エウレカセブン』に影響を受けたという人たちを裏切らない、
そして今のお客さんにとっても新鮮な新しい『エウレカセブン』を作りたいと思っています。

公式ページ  http://eurekaseven.jp/
a01.jpg

170315

佐藤大のプラマイゼロ「#106 ハッケンのリサイクル」がアップされています!

おまたせしました!!
あけましておめでとうございます!!(もう3月)
番組、終わってません!!
2017年も宜しくお願いいたします!
もちろんやります「日本一遅い箱根駅伝振り返り」。
そしてレギュラートークは、近頃のドラマ話から、小説/マンガ原作→連続ドラマ→映画 というリサイクルの流れについてなど。

さらに「Dの対決Z」は、なんとダムと団地の和解に向けて新展開??

みなさんからの「ダム vs 団地」メールも引き続きお待ちしています!

◎ダム/団地あるある
◎あなたの好きなダム映画/団地映画
◎わたしとダム/わたしと団地(あなたの撮ったダム/団地の写真を送ってください!) ※ファイル便などにアップロードしURLをお送りください。

<または...>
① わたしはダム派/団地派!どちらかを明記し、

② ダムにあって団地に無いもの/団地にあってダムにないもの
を挙げて、あなたのダム/団地への思いを語ってください

詳しくはこちら→ http://www.factry.co.jp/floornet/+-0/

プラマイ.jpg

twitter : StoryRiders