2013年8月

130829

2014年1月放送 TVアニメ『スペース☆ダンディ』に佐藤大が参加

2014年1月よりテレビ放送開始予定のオリジナルアニメ『スペース☆ダンディ』に弊社、佐藤大が脚本で参加いたします。

総監督・渡辺信一郎氏(『カウボーイビバップ』)、キャラクターデザイン・伊藤嘉之氏(『STAR DRIVER 輝きのタクト』)、アニメーション制作・ボンズ(『交響詩篇エウレカセブン』)という、豪華スタッフ!

さらに、なんとOP曲は岡村靖幸の6年ぶりのシングルとなる『ビバナミダ』に決定!
こちらのCDは10月2日にリリースされます。

これでもか!というくらいの大注目作品です。
是非とも放送をお楽しみに!
dandy.jpg

『スペース☆ダンディ』
2014年1月より、放送開始予定。
<メインスタッフ>
総監督:渡辺信一郎(『カウボーイビバップ』『サムライチャンプルー』)
監督:夏目真悟(『鋼の錬金術師嘆きの丘の聖なる星』演出)
脚本:
佐藤大(『カウボーイビバップ』脚本、『交響詩篇エウレカセブン』シリーズ構成)
うえのきみこ(『映画クレヨンしんちゃんバカうまっ!B級グルメサバイバル』)
信本敬子(『カウボーイビバップ』『WOLF'S RAIN』)
ほか
キャラクターデザイン:伊藤嘉之(『STAR DRIVER 輝きのタクト』)
宇宙船デザイン:ロマン・トマ(『バスカッシュ!』)
主題歌:岡村靖幸「ビバナミダ」
アニメーション制作:ボンズ(『交響詩篇エウレカセブン』)

<イントロダクション>
スペース☆ダンディは、宇宙のダンディである。
そして彼は、宇宙人ハンターである。
見たこともない新しい宇宙人を発見して、新種の宇宙人と認められると報奨金がもらえるのだ。それは、早い者勝ちがルール。
宇宙を旅して、誰よりも早く、誰も見たことのない宇宙人を見つけるのが使命。
ダンディは、ポンコツロボのQT、途中で拾ったボンクラベテルギウス星人のミャウとともに、未知の星や異星人と出会う。
宇宙の果てへの冒険。見たこともない宇宙人の発見。
それが宇宙人ハンターの醍醐味なのだ!

130829

『超速変形ジャイロゼッターDVDBOX1』絶賛発売中!

現在、テレビ東京系列にて絶賛放映中の『超速変形ジャイロゼッター』の第1話から第27話までを収録した、DVDBOXが8月28日に発売されました。
なんとお値段は10,500円(税込)! 安い!
是非DVDでもカケルたちの活躍をご覧くださいね。

また放送のほうもいよいよラストが近づいてきました。
どんな結末を迎えるか、お楽しみに!

dvdbox01_jacket-1.jpg

「超速変形ジャイロゼッター」DVD-BOX1
2013年8月28日(水)販売開始
【収録内容】
第1話 ~ 第27話 (DVD7枚組)
【特典映像】
・ノンテロップオープニング/エンディング
【初回限定版 封入特典】
・超速変形ジャイロゼッター アーケードゲーム用 超限定アニメシーンSPカード(6枚セット)
※初回生産分在庫終了後は、初回封入特典なしの通常版となります。
【価格】
10,500円(税込)
【発売・販売元】
松竹株式会社 映像商品部

[本放送]
 テレビ東京系6局ネットにて毎週火曜日 夕方6:00~
(テレビ北海道、テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪、てれびせとうち、TVQ 九州放送)
[リピート放送]
 テレビ東京にて毎週日曜日 午前10:30~

130827

TVドラマ『ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~』10月よりスタート!

弊社、佐藤大が原案のオリジナルTVドラマシリーズ『ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~』が2013年10月4日(金)から放送スタートいたします。

6d63e4d8ffda7daa43ea942287b6.jpg

ノーコン・キッド=の「ノーコン」とはワンコイン(ノーコンティニュー)でゲームをクリアーするという意味です。
そう、つまりこのドラマは『ゲームセンター』を舞台にしたドラマなんです。
しかも出てくるゲームはすべて実名!

一体どんなゲームがでてくるのか?
そしてゲームセンターのドラマとは??

ご期待ください!!


TVドラマシリーズ
ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~

放送日時:2013年10月4日(金)放送開始・毎週金曜深夜0時52分~
放送局:テレビ東京、テレビ大阪ほか
原案:佐藤 大(ストーリーライダーズ)
監督:鈴村展弘、石田雄介、冨永昌敬、沖田修一、真利子哲也
脚本:佐藤 大、石山英憲、上田 誠(ヨーロッパ企画)、森ハヤシ、前田司郎
主演:田中 圭
製作著作:「ノーコン・キッド」製作委員会

ストーリー
2013年。渡辺礼治 (45)は、かつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、親友の木戸や憧れの女性高野との出会いを思い出していた。

1983年、礼治の父親が実家で始めた「ゲームセンターわたなべ」には近所の子供たちはもちろん、仕事中のサラリーマンまで集まり大盛況。同級生の木戸 (15)も毎日通い、小遣いの大半を遣ってゲームの腕を競っていた。そんな中ゲームにはあまり興味のないレイジだったが、見たことのない美少女・高野がゲームをしている凛々しい姿を見て遅ればせながらゲームに手を伸ばし、ひょんなことから、木戸とゲームで対決することとなる...。

1983年~2013年。3人はゲームと出会い、楽しんで、人生のさまざまな壁にぶつかりながら、時には悩み、時には喜び成長していく。

twitter : StoryRiders